Catalina 対象外の Mac に Catalina をインストールする方法【Catalina インストール編(4)】

前回からの続きです。
  1. 【ジャンク】状態が良すぎる MacBook を破格で入手!?【動作確認編(1)】
  2. ジャンク MacBook Late 2009 に Snow Leopard をインストールする【OS インストール編1(2)】
  3. ジャンク MacBook Late 2009 に High Sierra をインストールする【OS インストール編2(3)】
  4. Catalina 対象外の Mac に Catalina をインストールする方法【Catalina インストール編(4)】
  5. MacBook Late 2009 のメモリ交換に挑戦するも・・・【メモリ交換編(5)】
あけましておめでとうございます。今年も一年、よろしくお願いします。2020年一発目の記事は「macOS Catalinaを非対応Macにインストールする方法」です。前回High Sierraをインストールした、MacBook Late 2009にCatalinaをインストールしてみます。

2021/8/2 追記:
macOS Big Surをインストールする方法について書きましたので、最新の情報は以下をご覧ください。




広告




macOS Catalina Patcher

今回、非対応MacにCatalinaを入れるにあたって、こちらのツールを使います。この方法はApple非公式ですので、試す方は自己責任でお願いします。公式サイトからダウンロードして使います。
こちらのツールを使ってインストール可能な機種は公式サイトの「System Compatibility」のところをみてください。

2020/4/6 追記:
動画版を作成しました。

注意

Apple公式の方法でHigh Sierraがインストール可能な機種先にHigh Sierraの最終バージョンまでアップデートしてください。
High Sierraがインストール不可能な機種は、公式サイト内の「Important info」をクリックし、青文字で「this」と書かれた文字をクリックしてパッケージをインストールしてください。インストール中は電源に接続してください。このパッケージは最新バージョンのブートロムであり、これをインストールしないとおそらくAPFSフォーマットからの起動ができなくなります(=Catalinaで起動できない)。
High Sierraが搭載可能な機種の場合、High Sierraのインストール時にAPFS対応のブートロムが自動的にインストールされるので問題ありません。
ブートロムのインストール方法はこちらの記事で紹介しています。




広告


使い方

公式サイトにアクセスして、macOS Catalina Patcherをダウンロードします。
macOS Catalina Patcher
ダウンロードしたファイルを開きます。

"macOS Catalina Patcher"は、開発者が未確認のため開けません。
ダブルクリックして開こうとするとこのような画面が表示され、開きません。この場合は右クリックをして「開く」をクリックすればOKです。

開く
開くと次のような画面が表示されます。

macOS Catalina Patcher
下にあるContinueをクリックします。

Contributors
Catalina Patcherの作成の貢献者が表示されます。Continueを押して続けます。



広告



macOS Installer App
インストール.appをUSBメモリなどにコピーしている場合は「Browse for a Copy...」をクリックして、インストール.appの場所を選択します。インストール.appがないという人は「Download a Copy」をクリックしてダウンロードしましょう。Appleから最新のCatalinaインストール.appがダウンロードフォルダにダウンロードされます。
私はダウンロードを選択しました。

Download macOS
Appleから最新版のインストールAppがダウンロードされます。だいたい8GBあり、ダウンロードフォルダに保存されるということが書かれています。Start Downloadをクリックするとダウンロードが開始されます。結構時間がかかりますのでひたすら待ちましょう。

Download macOS
あと少しです。

Download macOS
ダウンロードが終わると、インストーラーの準備が始まります。これはすぐ終わります。

Installation Method
全ての処理が終わると、インストール方法を選択する画面が表示されるのでお好きな方を選択しましょう。左から順に、今の起動ディスクに上書きインストール、起動可能なインストーラーの作成、ISOイメージを作成となっています。私はUSBメモリでインストールしたいので、起動可能なインストーラーの作成を選びました。

Create Bootable Installer
USBメモリを「MacBook Catalina Installer」という名前でフォーマットしたのでこれを選択しました。Startをクリックするとインストーラーの作成が始まります。
選択したディスク内のデータは全て削除されます。注意してください。




広告



パスワード
パスワードを求められるので入力し、完成するまで待ちます。

Success
完成しました。作成したインストーラーから起動できます。Macを再起動し、Optionキーを押しながら起動してスタートアップマネージャー開きます。



スタートアップマネージャー
作ったインストーラーから起動します。

macOSユーティリティ
macOSを再インストール」を選択して「続ける」をクリックします。

macOS Catalina
通常通りインストールします。

残り時間:1分
残り1分からなかなか進まず、インストール完了まで3〜4時間ぐらいかかりました。
インストールが終わり、再起動すると、グレーの画面から全く進みません。通常、インストール時に自動でパッチが適用されるのですが、何らかの原因でパッチが適用されていないのかもと思い、再度インストーラーから起動しました。



広告



2020/2/3 追記:

Catalinaインストール後は必ずパッチを当てる必要があります(つまり、今から行う作業をする必要があります)。インストール時にはパッチは適用されません。勘違いをしてました。

macOS Post Install
手動でパッチを適用するため「macOS Post Install」をクリックして「続ける」をクリックします。

Post-Install Patches
Macのモデルに合わせて自動的にインストールするものにチェックがつきます。Macの識別番号(ここでは「MacBook6,1」)が自分のMacと異なる場合は「Change...」をクリックして、自分のMacの番号にします。問題無かったら「Apply Patches」をクリックしてパッチを適用させます。少し時間がかかります。終わったら自動的に再起動します。

ようこそ
パッチが適用されていなかった?のが原因かはわかりませんが、無事に起動したので初期設定を完了させます。

macOS Catalina デスクトップ
設定が完了し、デスクトップが表示されると、Patch Updaterが出てきてアップデート画面が表示されたのでアップデートしておきます。Night Shift Patch・・・Night ShiftがこのMacでも使えるようになるのでしょうか?非対応Mac向けのパッチのようですが・・・。
あと、Dockなどの透明効果が無効になっていて、システム環境設定を見ても無効にはなっていないのでバグなんですかね・・・?
パッチのアップデート適用のため再起動を要求されたので、再起動します。



広告



macOS Catalina デスクトップ
再起動したら透明効果が有効になりました!バグでは無かったようです。あと、写真は撮り忘れましたが、ディスプレイの設定からNight Shiftが使えるようになってました。

MacBook
MacBook Early 2016と並べたところ。手前のMacBookの画面が赤いのはNight Shiftを試していて、オフにするのを忘れていたからですw

MacBook
本来なら非対応のMacに最新のOSが入っていると何だか新鮮です。

macOS Catalina
しっかり認識しています。



広告



不具合・バグ

自分が使っていて見つけた不具合をここに書いておきます。


2020/2/2 追記:

不具合情報をこちらの記事にまとめましたのでご覧ください。

使った感想

すっっっっごく遅いです。起動も遅い、ログインも遅い、何かアプリを開くのも遅い。多分これはメモリが問題だと思います。AppleのサイトにはCatalinaを動かすには最低4GB以上のメモリが必要なのに2GBしかないこと。アクティビティモニタのメモリプレッシャーは常に黄色。操作に支障しかありません。多分ブラウザ開いたらフリーズするんじゃないですかねww
アクティビティモニタ

メモリはいくつか余っているし、メモリ交換したら何とか使えるレベルにはなるかもしれないので、明日やってみます。このモデルは最大8GBまで認識するそうなのでやってみます。ちょうど4GBが2枚あるのでよかったです。
メモリ交換編へ続く
  1. 【ジャンク】状態が良すぎる MacBook を破格で入手!?【動作確認編(1)】
  2. ジャンク MacBook Late 2009 に Snow Leopard をインストールする【OS インストール編1(2)】
  3. ジャンク MacBook Late 2009 に High Sierra をインストールする【OS インストール編2(3)】
  4. Catalina 対象外の Mac に Catalina をインストールする方法【Catalina インストール編(4)】
  5. MacBook Late 2009 のメモリ交換に挑戦するも・・・【メモリ交換編(5)】



広告

コメント

  1. ありがとうございました。
    この記事のおかげで、Mac book pro early 2011 17inchにcatalinaをインストールできました。

    返信削除
  2. 2010のMacBook AirにCatalinaをダウンロードまではできるけどインストールができません。USBも32GBを使ってますしUSBメモリなしでもやってみましたがやはりダウンロードまではできるけどインストールができません。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。
      インストールができないとのことですが、どこまで進みますか?作成したインストーラーから起動すらできないのか、起動はするが何かエラーが出るのか、など、できる限り詳しく教えていただけると助かります。

      削除
  3. 私が使っている時はWIFiに問題なく接続できていたのですが、友人に譲ったあとWiFiに接続ができないと言ってきました。パスワードは何度も見直したので間違いないが接続できませんと。出るそうです。
    どなたかWiFi接続がうまくいかない方はおられませんか?もし同じ症状あれば教えてください。宜しくお願い致します。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。
      Post-Installをもう一度やってみてください。

      削除
  4. 早速のご返事ありがとうございます。
    一度やって見るように伝えます。
    有難うございました。

    返信削除
  5. 友人も色々調べたようで「カタリナのライブラリ内のPreferences/SystemConfiguration/内の
    いくつかのファイルを削除して再起動して、wifi接続設定をしたら、やっと無事に接続できました!」
    と連絡ありました。無事つながったようです。ご心配おかけしました。

    返信削除
    返信
    1. 無事に接続できるようになったようでよかったです。

      削除
  6. MacBookProlate(Late2011) OS:Sierra→Catalinaのアップデートで、
    本記事を参考にアップデートができました。
    他のブログと異なり動画付きで助かりました。ありがとうございました。


    余談ですが、SideCar目当てでアップデートしてところどうやらSideCarは利用できなさそうなことがわかりました。TimeMachineから戻すことにします・・・(涙)

    返信削除
  7. Mac pro2012 でCatalinaをインストールしようとしましたが途中で停止してできません。
    またBig Surも同じようにできません。インストール先は内臓HDDとPCI SSDで試しました。
    たいくんさんが持っているMac Proでは出来たんですか?

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。
      どの場所で止まってしまいますか?(インストール中の「残り1分未満」の画面のところなど)
      また、GPUは何をお使いでしょうか?
      私の場合は、RX 570を搭載した状態で、Catalina、Big Surどちらも問題なくインストール・使用できています。

      削除
    2. GPUはPNY nVIDIA Quadro 4000 for Mac 2GBを乗せた状態で行なっています。
      RX580は持っていますがOption起動ができません。2枚刺しでnVIDIA Geforce GT 120 512MB を使うとOption起動ができます。わたしはできればPCI SSD をインストール先にしたいのですがたいくんのインストール先はどこですか?

      削除
    3. ありがとうございます。
      起動画面を表示したいのであれば、RX580のみ+Big SurまたはMontereyをインストールするのがいいと思います。私の記事で紹介している方法では、EFIフラッシュされていないGPUでも問題なくインストールでき、Apple EFIのスタートアップマネージャー(Option起動)に非常に近い画面を表示することができます。
      ちなみに、私のインストール先はSATA SSDです。NVMe SSDからの起動をサポートするにはブートロムをアップデートする必要があり、Mojaveの最新バージョンにアップデートすることでブートロムもアップデートされますが、そちらは試されましたか?

      削除
  8. GPUはRX580を持っていますがOption起動できないのではないかと思いMac対応のEFIPNY nVIDIA Quadro 4000 for Mac 2GBを付けた状態でインストールしようとしています。何回か再起動を繰り返し
    途中で止まります。

    返信削除
  9. ありがとうございます。OSのインストール先はPCIスロットに付けたPCI SSDです。たいくんのインストール先はどこですか?

    返信削除
    返信
    1. 起動に成功しました。でもPCI SSD だと選択する時間が1秒未満になり切り替えが思うようになりません。海外からEFIの入ったRX580を購入したときまた挑戦しようと思います。色々ありがとうございました。

      削除
    2. 起動した様でよかったです。
      接続しているディスプレイによっては、映像信号が入力されてから表示されるまで時間がかかることがあるので、Macを起動して数秒後、画面が表示される少し前くらいからキーボードの左右キーを何度か押していると、ディスク選択画面で止まると思います。
      また、OpenCoreの設定でブートピッカーを非表示にし、エスケープキーを押しっぱにして起動することでもできると思います。
      私はEFIフラッシュされていないGPUだけしか挿していませんが何も問題なく動いているので、GPU購入前に是非一度お試しください。

      削除
    3. 昨日やってみましたがPCI SSDでは成功しませんでした。Big Surのインストーラーに入る前にPCI SSDをAPFSでフォーマットしてインストールを開始しました。残り12分のところで再起動に入りましたが起動せず自動的に終了してしまい。また電源をいれても終了してしまいます。
      内臓SSDかHDDじゃないとできないのかもしれません。内臓SSDにインストールできたとしてPCISSDのMojaveと共存できますか?

      削除
    4. なるほど・・・。うまく起動しないのですね。
      システム情報より、ブートロム(システムファームウェア)のバージョンはいくつになっていますか?このバージョンが、140.0.0.0.0以上なら問題ありませんが、138.0.0.0.0などの古いバージョンだとNVMe SSD(PCIe)からの起動ができません(MojaveなどのOSが起動できているなら問題ないはずですが・・・)。
      ちなみに、共存は可能です。Big Sur以降はOpenCoreから起動する必要がありますが、Mojaveやそれ以前のOSは(OpenCoreかApple EFIの)どちらから起動しても構いません。

      削除
    5. すみません、忘れていましたが、NVRAMリセットやSMCリセットは試されましたか?

      削除
    6. 試しましたが起動できませんでした。
      ブートROMのバージョン: 144.0.0.0.0です。
      Open Core ピッカーで選べるのですね。内臓HDDで試してみたいと思います。

      削除
    7. ダメでしたか・・・。ひょっとしたらそのままのOpenCoreだとNVMe SSDを起動ディスクとして認識できないのかもしれませんね。

      少し調べたところ、以下の記事が見つかりました。

      Mac Pro Mid 2012 に Big Surをクリーン・インストールする
      https://musasabidol.hatenablog.com/entry/20210629/1624970850

      この方は、PCIeに接続したNVMe SSDから起動できる様になった様です。
      少し大変なので、どうしてもNVMeから起動したい場合はお試しください。

      削除
    8. いつもお世話になっています。
      今日疑問に思ったのですがPCIにインストールしてあるHigh Sierra にOpen CoreをビルドしてビデオカードがPNY nVIDIA Quadro 4000 for Mac の時High Sierraで起動しようとした時進入禁止マークが出て起動できませんでした。

      削除
    9. GPUを変える前は起動しましたか?
      変える前も起動しなかった場合は、Mojaveやそれ以前のOSを起動する際にはOption起動で切り替える必要があります。

      削除
    10. いつもお世話になっています。
      内蔵ハードディスクにはBig Surをインストールできました。
      次にMojave の入っているPCISSDを取り付けシステム環境設定の起動ディスクでPCISSDにして再起動すると進入禁止マークがでて起動できません。
      たいくんはどのようにしてmojaveを起動できるようにされましたか?
      GPUはRadeon RX 580のままでいいのでしょうか?

      削除
    11. 今日わかったのですがOpen core Legasy pacherを起動してPCISSDにパッチをかけようとしたのですがディスクの欄にPCISSDはでてきませんでした。Open core legacy pacherはPCISSDに対応していないのかもしれません。

      削除
    12. MojaveはOpenCoreから起動していますか(背景が黒で、進入禁止アイコンが明るいグレー)?
      一度、OpenCoreのブートピッカーの画面で、Shiftキーを押したままMojaveから起動してみてください。
      もしそれでもOpenCoreから起動できない場合、MojaveのインストールUSBを作成し、OpenCoreからそのインストーラーを起動します。そして、起動できないMojaveのディスクにMojaveを再インストールしてみてください。
      私の場合、現在Big Surのみしかインストールしていないため、上記の方法がうまくいくかはわかっていませんが、以前は何もせずともCatalinaとMojaveを起動できていたので、再インストールすればうまくいく可能性があります。

      削除
  10. サクセスまで完了して、一瞬カタリナのインストール画面がでてエラーメッセージがでて、カタリナをインストールしようとすると、「このimacではインストールできません」と表示されてインストールできません・・・打開策はありますか?

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。
      インストールUSBから起動していますか?その場合は、別のUSBポートに接続して、もう一度お試しください。

      削除
  11. このページ大変参考になりました。ありがとうございます。
    iMac early2008にCatalinaのクリーンインストール
    無事に成功しました。あとはBootCampに Windows10をインストールするのに
    チャレンジしていますが、『ディスクイメージを認識するまでお待ちください』
    の、メッセージから進みません。
    解決法はありますか?

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。
      Windowsのインストーラー(ISOファイル)が認識されないということでしょうか?
      Catalina PatcherでのBootCampを試したことがないのでわかりませんが、Windowsサポートソフトウェアをダウンロードし、手動でインストールしてみてはいかがでしょうか?

      削除
  12. こんにちは!
    動画が非常に分かりやすく、何とかインストーラーをUSBにコピーするところまで完了しました。

    mac OS ユーティリティから「macOSを再インストール」→
    macOSをインストールするディスク選択でUSBを選択すると、
    「このディスクにはGUIDパーティションテーブル方式が使用されていません。
    ディスクユーティリティを使って、パーティション方式を変更してください。
    ディスクを含むデバイスを選択し消去ボタンをクリックして”ボリュームの方式”を選択してから、”消去”をクリックしてください。」というメッセージが出てきます。

    PCに詳しくなく、どうしたらよいのかさっぱり分からずここから進めません。。

    使用機種はmac book pro 2011 Late です。
    もしご存じでしたら、ご教示頂けると助かります!
    宜しくお願いいたします。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。
      データを消してしまうことになりますがよろしいでしょうか?Time Machineなどでバックアップしておくのがおすすめです。
      また、特に理由がなければ、最新バージョンのMontereyを入れるのがおすすめです(以下の記事)。
      お使いのMacBook Proは何インチモデルかも教えていただけると幸いです。

      【完全ガイド】macOS Monterey に非対応の古い Mac に Monterey をインストールする方法【OpenCore Legacy Patcher】
      https://www.taikun-room.com/2021/11/how-to-install-macos-monterey-on-unsupported-mac.html

      削除
    2. ご返信ありがとうございます!
      データを消してしまうのは問題ない&Montereyを入れれるのであれば入れたいです。

      教えて頂いた”Monterey をインストールする方法”を携帯から見てみました。
      現状、macを起動すると「mac OS ユーティリティ」の画面になります。
      なのでネットを見る事もできず、OCLPのダウンロードもできない状態です。。
      どのように対応したら良いのでしょうか。。?



      削除
    3. その画面で、「ディスクユーティリティ」をダブルクリックして開き、左上の「表示」から「すべてのデバイスを表示」を押します。その後、左の「Macintosh HD」の1つ上の名前を選択し、上の「消去」を押して、名前を「Macintosh HD」に、パーティションマップを「GUIDパーティションマップ」に変更し、「消去」を押すとディスクが消去されます。
      その後、ディスクユーティリティを閉じる、「macOS(Catalina?)を再インストール」のようなボタンを押して、OSをインストールしてください。インストールが終わったらOCLPをダウンロードし、記事の通り作業をします。

      削除
    4. ↑教えて頂いたとおりにやってみたら、何とかcatalinaインストールできました!
      大変助かりました。

      次は記事の通りMontereyをインストールしてみます。
      また何かあったら相談させてください。
      ありがとうございました!!

      削除
  13. うさぎおとこ3/10/2022 03:58:00 午後

    質問なんですが無理やりいれたCatalinaからHigh Sierraダウングレード可能ですか
    無理やり入れたmacはimac2009です

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。
      可能です。iMac Late 2009の場合は、Command + Option + Rを押しながら起動することで、High SierraのmacOSユーティリティが起動するので、そこからクリーンインストールしてください(データは消えてしまうので必ずバックアップしてください)。

      削除
    2. うさぎおとこ3/10/2022 04:09:00 午後

      ありがとうございます

      削除
  14. macmini mid2011にご指導通りに実行したらmacOSを無事にcatalinaにすることができました。どうもありがとうございました。
    ついでにairdorpも使うことができるようにするためターミナルで操作しようと思いリカバリーモード(command+R)で立ち上げようとしましたが、リンゴマークが出ず白い画面のまま進みません。
    通常の立ち上げ、「command+option+R」、「option」での立ち上げは問題ありません。
    「command+R」が反応しないのが普通ですか?
    それとも「command+R」は立ち上がるのが普通ですか?
    教えていただければ幸いです。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。
      この方法でインストールしたものは、リカバリーモードで起動することができません。そのため、インストールに使用したUSBメモリを使用して、macOSユーティリティを立ち上げてください。

      削除
    2. catalinaでのリカバリーモードにできないことがわかりました。airdorp化は諦めたいと思います。これからもいろいろと参考にさせていただきたいと思います。どうもご回答ありがとうございました。

      削除
    3. インストールUSBメモリを使った方法はお試しになりましたか?
      インストールに使用したUSBメモリをして、macOSユーティリティを立ち上げれば、リカバリーモードと同じ機能が使えるので、一度お試しください。

      削除
    4. ご指摘ありがとうございます。インストールUSBメモリーで試したところ同じ機能が使えました。(ターミナルでbashとzshの違いはありましたが問題ありませんでした)
      しかしAirDorpを有効にするためのソフト(Continuity Activation Tool)がHigh Sierraまでしか対応しておらずcatalinaは非対応であったためにAirDorp化はできませんでした。(macmini 2011でmacOSがHigh SierraではAirDorp化できたのですが仕方ありません)

      削除
    5. 少し調べてみたところ、CatalinaでContinuity Activation Toolを使っている人を見つけました。

      https://www.reddit.com/r/CatalinaPatcher/comments/exnwib/macbook_pro_13_early_2011_catalina_10153/

      その人は、Continuity Activation ToolのBeta版を使用しているようです。

      https://github.com/dokterdok/Continuity-Activation-Tool/tree/beta

      AirDropがきちんと動くかどうかはわかりませんが、一度試してみてはいかがでしょうか?

      削除
    6. 情報ありがとうございました。さっそく試みましたができませんでした。

      最後のところで指定のmacのboard IDでのサポートは存在しないとコメントが出てうまくできませんでした。(macのboard IDはちゃんと調べたのですが.......)
      入力した最終応答がこれでした。↓
      Set: Entry, ":Mac-8ED6AF5B48C039E1:ContinuitySupport", Does Not Exist

      コマンド操作自体よく理解していないので無謀な挑戦だったのかもしれませんが、またいろいろとやってみようと思います。

      どうもありがとうございました。

      削除
    7. なるほど、そうでしたか・・・。
      Mac mini Mid 2011はソフトウェアによるパッチの対象機種であるとは書いてあったんですけど、だめでしたか・・・。
      お力になれず、申し訳ありませんでした。また何か進展があればぜひ教えてください。

      削除

コメントを投稿

コメントは、このブログの管理者であるたいくんが内容を確認し、承認されるまで表示されません。
詳しくは、プライバシーポリシーをご覧ください。

広告