macOS Catalina Patcher で日本語入力をできるようにする方法

Catalina Patcherで日本語入力
みなさんこんにちは、たいくんです。
Catalina Patcherの不具合情報の記事でも書きましたが、Catalina Patcherを使ってインストールしたCatalinaでは、標準の日本語入力プログラムを使った日本語入力ができません(Google日本語入力などを使えば日本語の入力はできます)。
例えばローマ字入力で「あいうえお こんにちは」と打とうとしても「aiueo konnnitiha」の様に、全角スペース以外全て半角英数字のみしか入力できません。かな入力に場合も正しく入力できません。
例えばかな入力で「キーボード テスト」と打とうとしても「き-ほ゛-と゛ てすと」の様に、変換もできず、正常に入力することができません。
日本人として、日本語が入力出来ないのは不便すぎます。そこで、どうにかならないか情報を調べていましたが、なかなか情報が見つかりませんでした。しかし、先日、ついに情報を見つけることができたので紹介します。



広告


原因

そもそも日本語が入力出来ないのは、Catalinaの日本語入力プログラムである「JapaneseIM.app」が、古いCPUでは対応していない「AVX命令セット」というものを使う様で、それがうまく動作せず、JapaneseIM.appがクラッシュしてしまい、日本語が入力出来ない、ということらしいです。
AVXは、Intel Core 第二世代以降(Intel Core ix 2xxx以降)に対応しています。Catalinaに対応していないMacは基本的に全てAVXに非対応ということになります(例外としてiMac Mid 2011などがありますが、そのMacの場合、Catalina Patcherを使ってインストールしてもそのままで日本語が入力できます。Catalinaに非対応になった理由は、GPUがMetalに非対応のためです)。今回非対応になったMac Pro (Mid 2010/2012) はCPUがNehalem世代(Intel Core 第1世代)のため、非対応になった、ということでしょう。


広告


やったこと1

海外のスレッドで、MojaveからJapaneseIM.appとlibmecabra.dylibというファイルを移植することで動作するかもしれない、という情報を見つけました(こちらの中央あたりの「ASentientBot」さんの発言)。早速やってみます。

JapaneseIM.app

JapaneseIM.app
Mojaveの環境で起動します。
Finderを開き、Mojaveがインストールされたディスクを開きます。
次に「システム」を開きます。そして、その中の「ライブラリ」を開きます。たくさんのフォルダが表示されるので、その中にある「Input Methods」を開きます。
この中に「JapaneseIM.app」があるので、これをCatalinaがインストールされているディスク(「Data」がついていない方)を開き、Mojaveと同じ様に
「システム」<「ライブラリ」<「Input Methods」と開きます。その中に、MojaveのJapaneseIM.appを入れて、認証後に「置き換える」を押します。
この時、作業はMojaveで行ってください。Catalinaだと、起動ディスクにコピーができません。

libmecabra.dylib

libmecabra.dylib
libmecabra.dylibは、隠しフォルダ内に入っています。
Finderを開き、Mojaveのディスクを開きます。
ここで、Shift + Command + .(ピリオド)を押すと、隠しファイル・フォルダを表示させることができます(隠しファイル・フォルダを非表示にするにはもう一度同じキーを押す)。
「usr」という隠しフォルダを開きます。その中の「lib」というフォルダを開くと、たくさんの「lib〇〇.dylib」というファイルが入っているので、「libmecabra.dylib」を探します。そのファイルをCatalinaのディスクを開き、Mojaveと同様、
「usr」<「lib」内にコピーします。認証後、「置き換える」を押して、作業は完了です。

起動

Catalinaで起動してみました。
うーん、ダメっぽいですね・・・。日本語が時々入力されますが、やはりクラッシュしてしまう様です。しかも、ひらがなモードから英字モードにしても日本語が時々入力されてしまいます。ログインするときに苦戦しましたw

動画

 
こんな感じになります。これではまともに使えません。


広告


やったこと2

他にも調べてみると、同じスレッドで、「Minh_Ton」さんが3/6に投稿した発言で「韓国語と日本語入力を動作させる方法」がありました(どうやら韓国語も入力出来なかった様?)。やったこと1に加え、「TextInputCore.framework」というファイルも移植することで入力が可能になった様です。ということで、試してみました。

TextInputCore.framework

TextInputCore.framework
このファイルは「システム」<「ライブラリ」<「PrivateFrameworks」内にあります。Mojaveから起動し、このファイルを移植します(この時もCatalinaのドライブは「Data」がついていない方)。

起動

Catalina Patcherをインストールした時、ログイン画面のパスワード入力がもたついていたんですが、このもたつきがなくなっていることに気がつきました。これはいける!?
テキストを入力してみると・・・

Catalina Patcher 日本語入力
行けたあああぁぁぁ!!!!
ライブ変換もしっかり動作しています!ただし、なんか変換が少しおかしいです。ですが、入力出来ないよりもうんとマシです。ちなみに英字モードにしてもおかしくなりません。

動画


やっぱり変換がおかしいのは気になります・・・。

まとめ

Catalina Patcherを使ってCatalinaをインストールしたけど日本語入力ができない!って人は、今回紹介した方法でできるようになるはずです。アップデートでまた入力出来なくなる可能性がありますが、同じ様にファイルを置き換えることでできるようになるはずです。
最後まで読んでくださり、ありがとうございました!それではまた!


広告


コメント

広告