Mac でマウスがめちゃくちゃ使いやすくなるフリーソフト「Mos」

みなさんこんにちは、たいくんです。
みなさんは、Macで何のマウスを使っていますか?AppleのMagic Mouse?それとも他社製のマウス?
Magic Mouseは確かに使いやすいのかもしれません。しかし、あの薄い形は私のように、人によっては合わないかもしれません。それで仕方なく他のマウスを使っている、もしくはカッコ良くて、手に馴染む形のものを見つけてそれを使っているなど、何らかの理由でMagic Mouse以外のマウスを使っているという人は多いと思います。
そんな人たちに、「使いやすいマウスを、さらに使いやすくするソフト」を紹介します。そのソフトというのがこの「Mos」なのです。


広告



Mos とは?

今回紹介する「Mos」は、マウスのスクロールを滑らかにするソフトです。
このソフトを導入することで、マウスのスクロールを、まるでMagic MouseやMagic Trackpadでスクロールしているような滑らかなスクロールが可能になります。

インストール

Mosのダウンロードはこちらのリンクから公式サイトにアクセスし、Downloadをクリックします。
Mosの動作には、OS X 10.11 El Capitan以降が必要です。

ダウンロードしたファイルを開き、Mosのアイコンをアプリケーションフォルダにドラッグ&ドロップします。これでインストール完了です。


広告



使い方

初期設定

このまま開こうとすると、このようなエラーが表示され、開きません。この場合は、MosのアイコンをControl + クリック、または右クリックをして「開く」を押すことで、エラーのウィンドウに「開く」というボタンが表示され、開けるようになります。

開くと、初回起動時のみこの画面が表示されます。Nextをクリックして次へ進みます。

いくつかチェックする必要があります。Nextを押して次に進みます。

認証が必要です。Allow to accessをクリックすると次のウィンドウが表示されます。

このウィンドウが表示されたら、”システム環境設定”を開くをクリックします。

システム環境設定が開いたら、左下の南京錠をクリックしてロック解除したら、Mosにチェックを入れます。

チェックを入れたらMosのウィンドウが消えます。MosにアクセスするにはメニューバーのMosアイコンをクリックします。


広告



メニューバー

Mosのメニューバーについて説明します。

Preferences
Mosの設定を開きます。

Quit
Mosを終了します。

Preferences

MosのPreferences内の項目について説明します。

Generalタブ
Smooth Scrolling
スムーズ(滑らか)なスクロールを有効にするかを選択します。オンにするとスクロールが滑らかになります。
デフォルト:オン

Scroll Reverse
スクロール方向を逆にするかどうかを選択します。オンにするとスクロールの方向が逆(Windowsと同じ方向)になります。Magic MouseやMagic Trackpadのスクロール方向に影響はありません。
デフォルト:オン

Launch on Login
Macのログイン時にMosを起動するかどうかを選択します。オンにするとログイン時にMosが起動するようになります。
デフォルト:オフ

Hide Status Bar Icon
ステータスバーアイコン(メニューバーのアイコン)を隠すかどうかを選択します。オンにするとアイコンが非表示になります。MosのPreferenceを開くにはアプリケーションフォルダ(またはLaunchpad)からMosを開きます。Mosを終了するにはこれをオフにしてから、メニューバーアイコンのQuitを選択します。
デフォルト:オン

Advancedタブ
Dash Key
ダッシュキーを設定できます。ダッシュは、指定したキーを押している間は高速にスクロールできます。キーは、Control・Option・Command・Shiftキーの4つから選ぶことができます。
デフォルト:Disabled(無効)

Toggle Key
トグルキーを設定できます。トグルは、指定したキーを押している間は横方向にスクロールできます。キーは、Dash Keyと同じ4つのキーから選ぶことができます。
デフォルト:Disable(無効)

Block Key
ブロックキーを設定できます。ブロックは、指定したキーを押している間は滑らかなスクロールを無効にできます。キーは、Dash Keyと同じ4つのキーから選ぶことができます。
デフォルト:Disable(無効)

Step
ステップを調整できます。ステップを大きくすると、スクロールホイールを一段階動かした時のスクロール量が多くなります。
デフォルト:35.00

Speed
スピードを調整できます。スピードを大きくすると、スクロールホイールを素早く動かした時のスクロール量が多くなります。
デフォルト:3.00

Duration
スクロールの遅延を調整できます。遅延を大きくすると、スクロールホイールを止めた後のスクロールが止まるまでの時間が長くなります。
デフォルト:3.90


広告



Exceptionタブ
ここでは、アプリケーションごとの設定ができます。設定したいアプリケーションを左下の+ボタンから選びます。Running Applicationは、現在起動中のアプリケーションが表示されます。Manually Select From Finderは、Finderからアプリケーションを手動で選びます。Manually Input Application Informationは、アプリケーション名と、バンドル識別子を入力します。
アプリケーションを追加すると、SmoothReverseにチェックボックス、Applicationにアイコンとアプリケーション名、Advancedに詳細設定ボタンが表示されます。
Smoothにチェックを入れるとそのアプリケーションではスクロールが滑らかになります。
Reverseにチェックを入れるとそのアプリケーションではスクロール方向が逆になります。ただし、私の環境ではReverseにチェックを入れても変わりませんでした(GeneralのScroll Reverseは使える)。
Advancedの詳細設定ボタンをクリックすると、Advancedタブの設定をアプリケーションごとに変更できます。Inherit Grobal Settingsにチェックを入れるとAdvansedタブの設定が適用されます。
右下のWhitelist Modeにチェックを入れると、Exceptionタブで指定したアプリケーション以外ではMosが無効になります。

Updatesタブ
Mosのアップデートを確認できます。
Check NowをクリックするとMosのアップデートがあるかを確認します。

Aboutタブ
Mosについて表示されます。
Home PageをクリックするとMosのホームページへアクセスできます。
GitHubをクリックするとMosのGitHubページへアクセスできます。
Welcome Windowをクリックすると初回起動時に表示されたウィンドウを再び表示させることができます。
The Contributorsをクリックすると開発者の方々が表示されます。
Feed a fet MEOWをクリックすると寄付ができるQRコードが表示されます。


広告



私の設定

Generalタブは、Scroll Reverse以外に全てチェックを入れています。

Advancedタブでは、Dash KeyにControl、Toggle KeyにShift、Block KeyにCommandキーを割り当て、それ以外はデフォルトです。

Exceptionタブでは、6つのアプリケーションでSmoothとReverseのチェックを外し、それ以外は全てデフォルトです。

まとめ

Macでマウスを使っていて、「もっと使いやすくなればいいのになー」と思っているなら絶対入れるべきです。
確かに、Mosはマウスのスクロールを滑らかにするだけですが、スクロールが滑らかになるだけで使いやすさが驚くほど違います。私はもうMosなしでマウスを使うことができません。そのくらい使いやすいです。
後、Dash Keyもめちゃくちゃ便利です。少し長めのページをスクロールするときに、これを使うと楽に移動できます。
Macでマウスを使っている友達がいたらぜひ教えてあげてください。喜ぶと思いますよ。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!それではまた!


広告


コメント

広告